大久保町

 今回は本社があります西区大久保町について、少し調べてみました。

大久保町は地形的に非常に起伏が多く、谷間で窪地になっていることから、「大窪」の文字が地名に使われていた時代があるそうです。「大窪」の地名が見られる最も古い資料は、鎌倉時代のもので、室町時代後期の文書にも同様にみることが出来るそうで、江戸時代に入ってからの文書では、現在と同じ表記で「大久保村」との記述がみられるとのこと。江戸時代には、大久保代官所(陣屋)が設置されていたこともあり浜松の城下から庄内半島に通じる庄内道(舘山寺街道)の要衝となっていたそうです。

 調べてみると今まで知らなかった事実が分かったり面白いですね!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク