外出

今年の春はコロナウィルス感染予防で出勤や買い物など必要な外出以外の外出を控えました。駅や道路はすいており、学生はあまり見掛けませんでした。

浜松などの駅は在宅勤務などの奨励などを、会社はうがい、手洗い、マスクの着用を呼び掛けました。あちこちの飲食店は休業やテイクアウトでの営業となっていました。ホテル、映画館、デパートなどの多くの商業施設の休業で、街は静かでした。「人がいる」と言ったら、スーパーなどの限られた場所でした。外出を控えると経済の動きは滞ると感じました。カフェで一杯の飲み物だけで過ごすことができた日常が遠くなり、元の日常に戻って欲しいと願いました。

 5月の半ば以降になると、浜松市の商業施設や学校の授業再開となり、浜松駅やザザシティ浜松周辺のにぎわいが目に入りました。店へ行けることが待ち遠しかったです。通勤通学での混雑した風景もまた見られるようになりました。外出自粛で人の往来が少なかった2か月間の光景が嘘みたいでした。

 コロナウィルスで外出を自粛していた人がTVニュースで「旅行ができるのが嬉しい」と答えたことで、今年の2月の土曜日に舘山寺の「ルーベラ」(遊園地パルパルの隣)を訪れたことを思い出しました。ガラス製品のお店は自宅から車で30分くらいの所にあります。金山交差点を通り舘山寺温泉方面へ向かう沿道にはピンク色の桜が見事に咲いていました。花だけでなく色や香りを楽しみ、満開の桜を写真に収めました。

 遊園地の隣にあるルーベラは静かでした。ガラス製のとんぼ玉やミニチュア、パワーストーンなどの商品はきれいで、手に取りたくなりました。明るい店内は落ち着いた雰囲気でした。体験工房ではフォトフレーム、アクセサリー、ミニチュアドームなどを作ることができます。店内の写真を撮ろうと店員さんに声を掛けたら、快く撮影許可が下りました。店内を見ていると、パルパルの二つのキャラクターが入ってきました。偶然にも間近で見ることができた実物のキャラクターは愛らしく、大きくて迫力がありました。

 自宅にお気に入りの物を置くとしたら、きれいな部屋に置きたくなります。ホコリを取った部屋は快適です。ホコリは放っておくと取り除く時間が掛かってしまいます。ホコリはハウスダストを招いてしまうことがあります。ハウスダストは肉眼でとらえにくい大きさで、空気中に舞い上がる程度の軽さです。その発生源は家の内外や空気中です。具体的にはチリ、ホコリ、畳・紙・繊維のクズ、食べカス、タバコや工場の煙、排気ガス、室内の微粒子や細菌、ダニなどの虫のフンや死骸です。動物の毛やフケや汗や垢、花粉、土砂ホコリ、カビの胞子も含みます。この微細なものはアレルギー症状やぜんそくの原因だと聞きます。

 ダニはじゅうたんや布団に潜伏し、ホコリや動物の毛などを食べて繁殖します。気温25度、湿度75パーセントになると繁殖力が一番強くなります。ダニの予防策は換気や乾燥です。湿度を放置しないことです。除湿機、空気清浄機、除湿剤などの使用や寝具の洗濯が効果的です。ただし、不十分な洗濯ではダニが生きていることがあります。肌に直接触れるタオル、マット、シーツのこまめな洗濯も必要です。

 湿度の高い場所でできるカビの繁殖抑制には換気が有効です。ただ、道路や工場などに面した住宅環境なら、換気には十分な注意が必要になります。

 ハウスダスト対策は換気や乾燥以外にどのようなものがあるのでしょうか? そうじです。ホコリを取る時はモップなどでホコリを立てないように注意を払います。ハウスダストは軽く床や家具などに乗っている状態です。モップなどだけでホコリを取るのが気になるのなら、先に固く絞った布で拭きます。ハウスダストは水や油につくことがあります。家具や床などにこびりつき、放置しておくとシミとなって残る恐れがあります。早めに落とすことが室内のきれいさを保つことになります。

 きれいな所にお気に入りの物を置くと、日々の生活がうるおうかもしれません。そうじは悪いことではないですね。

 

ルーベラ

浜松市西区舘山寺町1891 電話番号 053(489)0030 営業時間 9:30~18:00 定休日 木

交通 JR浜松駅より路線バス(遠鉄バス) 舘山寺温泉行 「浜名湖パルパル」バス停下車

http://www.ruber-hamanako.com/inquiry/

※営業時間などの確認の上、行かれることをおすすめします。

 

★ハウスダストの部分は㈱ダスキンの「ハウスダストの知識と対策」(http://www.duskin.jp/item/mop/housedust/tool.html)を参考にしました

(このホームページの情報は2020年5月31日現在のものです)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク